セニングと、ストロークカットの違い。 | 荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

DIARY

セニングと、ストロークカットの違い。

こんにちは、air KOBEのオギワラです。
 
 
綺麗なヘアスタイルには綺麗なカラー。綺麗なカラーのヘアスタイルにはカットが大事。
 
 
美容師さんによってハサミの切り方が違う。今回はすき方について記述します。
 
 
まずセニングとストロークカットの差はなんぞや。
 
 
セニングのというのは

こちらのようなハサミを使い、

こうやって切っていきます。歯が段々になっているため、切れるところときれないところに分かれ、数回に分けてずらしながら開閉させていく。
自然に髪の毛の量を減らしてくれます。
 
 
次にストロークカットですが、主にドライカット用のハサミ

こんなのを使って

こんな感じで、ハサミを閉じながらスライドさせていく。根元の方向から毛先の方向まで、徐々に削っていく。
毛流れや毛束が作りやすいカット。
 
 
そして、エフェラージュカット。

これはフランスの切り方で。細かく毛束をとって、細かい束を作る方法。スライドはさせないで切るという感じ。
 
 
どれも髪の毛の量を減らすための技術ですが、毛流れを作ったり、癖を抑えたりと、奥が深い技術なんです。
 
カットしとる姿を少し気にして見ていただけると面白いかもしれませんね!
 
では☆
 
 

【air-KOBE】ご予約はこちらから24時間受け付けております。
http://b-merit.jp/web/login/?shop_code=0782515557&shop_user_id=1008
Twitterはこちら。follower6000人突破!followお願いします。
https://mobile.twitter.com/ogiwara_s
Instagramはこちら。投稿1000件への道。
https://www.instagram.com/air_ogiwara
ライン@でもご予約、カウンセリングお受けしています。
友だち追加

Page Top

セニングと、ストロークカットの違い。 | 荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト